オアフ島のコーヒーを!























日曜日は、Wahiawaに用事があったので、

久々にオアフ島ののコーヒーを飲もうと、

Green World Coffee Farmに立ち寄ってきました。


皆さんもご存じの様に

ハワイ島のKonaやKau, カウアイ島、マウイ島、モロカイ島などで

栽培されいるコーヒー。

私はその中でもKauコーヒーが大好きですが、

ここ数年は、火山活動の影響などで不作。。


1990年頃からオアフ島でもコーヒーの栽培が盛んになってきていますが、

コーヒーの歴史を辿っていくと、

記録されている中では、初めてコーヒーがハワイにやってきたのは、オアフ島。

1813年にオアフ島に持ち込まれたコーヒーの種。しかし、なかなか育たなかったそう。

そして、1825年にはブラジルからコーヒーの木がオアフ島へ。その後、ハワイ島、カウアイ島へと

広がっていきます。


オアフ島のコーヒー農園は、その後、取引価格が高い、砂糖、パイナップルなどの産業に変わり、

1970年頃からは、観光業がメインとなっていってしまいます・・・


そんな歴史のあるコーヒー。


オアフ島でも少しずつコーヒーの栽培が再び進んでいます。




さてさて、

今回は上記に述べた様に

Wahiawaのコーヒー。



まだ、海外からの観光客の受け入れが出来ないハワイなので、

開いているかなぁ~と思いましたが

開いているどころか、アメリカ本土のお客さんで駐車場はほとんど

埋まっていました。

(マスク着用でも、すでにコーヒーのいい香りです。)


広い敷地には、ディスタンスを保たれたイートインスペースもありますが、

やはりテイクアウトに。


コーヒーに関連するショップコーナーも。


そして、横には小さなファームもあるので、

少しお散歩。(誰もいなかった:笑)


作り手の顔が見えて

そして、そのプロダクトをすぐに手にできる

地元のものというものは

いいなぁ~と改めて思いました。


もっとメイドインハワイのものが

増えていくといいのになぁ~❤








© Kaleialohapoinaole 2020