コロナ禍の中でのお別れの日


今日は、親戚のお葬式でした。

2月の終わりに亡くなり

約3ヶ月後のお葬式。

コロナ過であろうとなかろうと、

ハワイでは、亡くなってからすぐには

お葬式が行われません。


お葬式までの間、

時間があるのでこの日の為に

色々な準備が行われます。


スライドショー、ハワイアンミュージックやフラ。

故人の写真やメッセージボード、沢山の思いを込めた

ハワイらしいお葬式です。


ワクチン接種が進んでいるハワイですが、

検温、ソーシャルディスタンスが保たれ、

人数制限がありました。


ハワイの家族は大家族ですが、

今回は本当に少人数のお葬式。


いつもなら、セレモニー後の食事会で

故人を偲んだり、

それぞれの家族の近況など交流する時間もありますが、

それもまだできないようで、

それぞれにお弁当が配られ、

お家で食べてくださいとの事。


久しぶりの親戚との再会もほとんど挨拶のみで

短時間のお葬式でしたが、

でも、思いは同じ。


安らかに眠ってください、

今まで本当にありがとうございました。


気持ちを伝えてきました。


今日は、故人の事を思いながら

過ごしています。