top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

ハワイ、コオラウ山脈のお話。



今日は、少しだけコオラウ山脈のお話。


オアフ島は、2つの山脈があります。

西に連なるワイアナエ山脈 

そして、東に連なるのが、コオラウ山脈。

ワイアナエ山脈は、女性が横たわった様に

見える山なので女性の山脈、

そして、

コオラウ山脈は切り立った崖が鋭く伸びている事から

男性の山脈とも言われているのね。


コオラウ山脈は、

およそ60㎞にわたって平行に連なり、

幅は平均して21㎞、

最高頂にあるkonahuanui (2つの頂を持つ)は、

900mを超える高さ。


この山脈の火山活動によって形成されたのが、

皆が知る有名なダイアモンドヘッドです。


コオラウの意味は、風上。

風の吹く位置にある為、降水量が多く、滝や川が多い。

それを表している様に、

鋸歯状と呼ばれるギザギザした山の形が

この雨によって作られているのです。


長く連なるコオラウ山脈エリアの雨と思って

さっと頭に浮かんだのは


Kaniko'o -サトウキビに当たって音のする雨

Kikehala-ハラの実を割るような強い雨

Apuakea- Hi'iakaによって雨にされてしまった美しい女性。

霧雨の優しい美しい雨。

Kapa kea o Mololani- ミストのシートで覆われた様な

真っ白な雨。

Poaihala- ハラの木を覆う強い雨

Kiowao, Waahila..

まだまだたくさんあると思うのだけど。。


また、多くの伝説も残されていますね。

女神Lanihuliの住む山、巨人伝説のOlomana,

Kamapua'a のHoloapee などなど。


そして、

切り立った山頂をゆっくりと動く雲がレイを形作り、

神々だけが住む神の領域が Wao Akuaと呼ばれる場所。 Waolaniもその一つ。

この高く連なる山々に多く存在しているのです。


コオラウ山脈にちなんだ多くのMeleも残されていますね。

知れば知る程、楽しくなる。

知れば知るほど、もっと知りたくなる(笑)


まだまだ書きたい事がありますが、

今回はこの辺で。


良い週末をお過ごしください❤


Comments


bottom of page