top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

ハワイの伝説:La'amaomaoのお話



Hulaで使われる楽器の1つ Ipu.

古代ハワイアンの時代から、生活の中で使用されていたIpu.


実は、伝説のなかでも、そして現在も?

風を巻き起こすIpu ”La`amaoamao”が存在しています。

今日は、少し不思議なひょうたん、La'amaomaoのお話。


風の神 Paka'aは、風の女神の母親のLa'amaomaoから

不思議なひょうたんを受け継ぎます。

Paka'aの祖父から母親のLa'amaomaoに

受け継がれていたものです。


ひょうたんの中には、祖母の骨 

そして、ハワイ諸島全ての風が入っていました。


その頃のハワイでは、

既にAhupua'aの制度(土地区分)がなされており、

その土地に吹く特徴的な風にそれぞれの名前が付けられています。


風の名前を覚えるだけでも大変ですが、

その風に関連するChantや祈りを学んだ 

La'amaomaoの息子、Kapa'aは、

自由自在に風をコントロールできるようになります。


カウアイ島のパイエア王と共に

このLa'amaomaoのひょうたんで風を制御しながら

ハワイ諸島の島々を航海するのです。


16代目のAli'iであるハワイ島のKeawenuiaumi王に

仕える事になったKapa'aは、彼の息子、

Kuapaka'aに後を継ぐように教えます。


伝説では、航海の途中に

La`amaomaoのひょうたんの蓋を開け 

チャントを唱える Kuapaka`aによって

大きな力が解放されます。


オアフ島、カウアイ島、マウイ島 

そしてハワイ島からの風が一気に集まり、

それぞれの風の名前、場所を長々と唱えていきます。


すると真っ黒な雲が現れ、海は渦を巻き、

一転して嵐となります。


そして、彼がひょうたんの蓋を戻すと

再び穏やかな天気に戻るのです。


他の伝説では、風を制御する別のひょうたんが

あったとも言われています。


(諸説あります)



こうやって代々風の神々によって

受け継がれてきたLa'amaomaoのひょうたんは、

現在イオラニ宮殿に保管されているそうです。



何故 ビショップミュージアムでなく、

イオラニ宮殿なのか・・・・というと

1883年1月1日にカラーカウア王の元へ

贈られたものだそうです。



La'amaomaoからKapa'aへ、そして、その息子

Kuapaka'aへ受け継がれていったひょうたん。

それは、ハワイ島のKa'awaloaのKeouaの神聖な崖の上にある

Hoa'ikuの王室の埋葬洞窟に安置されていたものでした。


鳥肌が立ちますね~。



そして、もう1つ。

Chantには、

風の女神としてのLa'amaomaoが

残されています。


オアフ島のハナウマ湾から始まり、

時計回りに島を回り、マカプウまでのAhupua'aの土地、

それぞれに吹く風の名前が綴られているのです。


まさに、伝説の中で彼らが唱えている様です。


Kahikoもそうですが、

ハワイアンの祖先が残してくれたChantやOli

伝説や物語には、沢山の重要な事が隠されています。


しかし、それを全て理解する事は、残念ながらできません。

でも、少しづつ紐を解く様に進んでいくと

また新たな紐へ繋がり 

その紐を解く為に学びが始まります。


知れば知るほど楽しくなる、

フラの魅力ですね。


まだまだ書きたい事はありますが、

またの機会に。


最後まで読んでくださり、

ありがとうございました!



皆さん良い週末を

そして、素敵なホリデーをお過ごしくださいね❤

Comentários


bottom of page