ハワイの伝説 - Hau の花

























Canoe Plants (ポリネシアンの人々と共にカヌーによって運ばれてきた植物)

の1つ、Hau.


このHauの木は、ハワイ全島、沿岸でも山部でも

よく見かける植物。

ハート形の葉に、ハイビスカスファミリーなのでやっぱりお花の感じが似ている。。

外は黄色で、中は赤っぽい。

ハイビスカスと違う所は、時間が経つと

鮮やかな黄色からオレンジ色にそして赤茶色に変化していく。

短い時間の中で変化していく花を人生と例えるKupunaも多いんだ。


そして、Hauの木は 女神Hina の姉妹がこの木にに変わったという説もあり、

また、タヒチの人々の中では天と地の孫と言われる様に

古代ハワイアンの時代でも むやみにこの木を切ることが許されていなかっという。


最近ね、昔の本を読み返していた時に

このHauの花の伝説が出てきたの。


私の好きな伝説の1つなので皆さんにも知ってほしい~。

ちょっと簡単に・・・

PohuehueとKaunaoa という恋人同士のお話。


ある日2人は大ゲンカをするの。

Pohuehueは、カヌーに乗ってラナイ島に行ってします。

しかし、時間が経つにつれてお互いがお互いの事が気になります。

愛し合う2人、でも、なかなか仲直りできません。


Kaunaoaは、ハウの花を岸から毎日海へと流します。

毎日毎日。その花は彼女への愛。


ある日、Pohuehueにハウの花は届くのです。

その花は彼の愛と確信するPohuehue .

2人の愛は、Hauの花によって

再び結ばれます。


それからというもの Hauの花は 愛の花と

言われる伝説になったそうです。

(諸説あり)



そして、先程、近所へお散歩。

ハリケーンの残りなのか?

小雨がちらつくハワイですが、

一瞬青空に。そして。。。


ふと、見上げるとHauのお花達。


どうやら呼ばれたようです(笑)