ハワイの伝説-Ku`ula




2週間前に発令されたハワイのロックダウン。

今日は、更に2週間延長される事になったと

アナウンスがありました。



最近はね。

外出自粛生活なのでなるべく外に出ない様に

家で本ばかり読んでいます。

夕飯を釣りに行きたいけど(笑)

それも今は自粛中・・・・


最近読み返したMo`oleloの中に

Fishermenの神、Ku‘ulaの話があった。


ハワイアンの思想は、

多くの物に神が宿ると言われている。

それは、もしかしたら、

1000、10000、いやもっと。

そして、その神々は、ハワイアンの生活にとって

重要な役割を

果たしていると言われています。


マウイ島のKauikiの丘に住むKahoali`iが

Hana全体の酋長だった頃、

人間の姿に変えたKu`ula, 妻のHina

そして、息子のAiaiがFishermenの神でした。

Fishermen達は、漁をする時は、

必ず彼らにお祈りをしたそうです。


Kahoali`iが酋長の頃、

Hanaの土地は乾燥して、

Kaloを始め多くの植物が枯れて

食べるものに困るほど。


ある時、Kahoali`iは、

自分のが食べるだけの魚を取る様に

部下に漁に出るように命令をします。


彼らはいつもの様に、

Fishermenの神々にお祈りをし、

ネットを投げると

少しばかりの魚がかかります。


そして、

神はこう言います。


”あなたのAli`iに伝えなさい。

Kahoali`i、あなた自らが、この魚を綺麗に洗い、

身の部分に塩を付け、

骨も一緒にImuの中にいれなさい。

その骨が焼けたら

魚を食べても良いと。


部下達はその神々のお告げを聞いたのですが、

Ali`iの傲慢な態度に腹を立てていたので、

この魚を捧げる事はせず、

こうKahoali`iに報告します。



”神は、言いました。

あなたに塩を付け、その頭を焼き、

骨をImuに入れなさいと”


それを聞いたKahoali`iは、

怒りが収まらず、部下達に神々が住む家を崩壊し

火をつけなさい!命令します。


しかしながら、

神々は超越した力を持っています。

彼らは小さな3つのIpuに水を入れて用意します。


Kahoali`iの部下達が家に火を付けた途端に

小さな3つのIpu が大きな音を立てて爆発し、

その水飛沫が海の方へと広がります。


そう、神々は水飛沫の中、

魚となって海へ。


魚となった2匹の神々(Ku`ulaと妻のHina)は

 すぐに海にいるすべての魚を引き連れて

Lahaina へ行ってしまい、

Hanaには魚が全くいなくなってしまうのです。


*現在もLahainaと言えばFishemen Townですね~


もう1匹の魚に変わった神は、息子のAiai.


彼は、人間の姿に変わり、

Hanaから離れ他のエリアへ。


そこで、人々に伝えます。


魚を必要な時には、Puleをする事を。


彼がChantを唱える度に、

魚となった彼の両親の力で

沢山の魚が集まるのです。


Hulaでもレッスンの初めと終わりに

必ずPuleをする。

Puleの大切さ、そして、感謝する気持ち。


物語の中にも、ハワイアンの精神

そして、歴史と文化が書かれている。


久々に書物を読んでみると新鮮な気持ちになるね。


大切な事を改めて思い返す時間。

レッスンに追われていた時には取れなかった

大切な時間を今、与えられているのかもしれません❤