ハワイの伝説-Leahiの恋物語。



ハワイのランドマークともいえる

Diamond Head 、またの名をLeahi.


古代ハワイアンの時代、

マグロ(Ahi)の額(Lae)の形に似ている事から、

Peleの妹、ヒイアカが名付けた名前、

そして、Lae(岬)Ahi(炎)

島の沿岸を

航海するカヌーの為に火が灯され、

灯台の役目をしたその姿から付けられた名前など、

名前の由来には諸説あります。


(Lae ahiが、語り継がれていくうちにLeahi になっていきます)


そして、今日は、

Leahi にまつわるMo'oelelo (物語)を少し。


昔、オアフ島、カイマナヒラビーチの海で

1匹のLa`i(アジの仲間)が生まれました。

彼の名前は、Nahe。


普通、彼の仲間達は、

サンゴ礁に住むのですが、

大きな波によって彼は沖に吸い出され、

彼だけは、深い真っ青な海を知る魚でした。


彼の親友は地元のサメ達、

冬にはクジラ達と遊ぶのです。


ある日、サメの友人、Kilaua と

ダイアモンドヘッド沖で遊んでいます。


そこにマグロの群がやってくるのです。

そのマグロの中で

一際美しいマグロをNahe は見つけます。

彼女の名前が、Le'a


サメの友人がKilauaは、

本能的にマグロの群れに近づくのですが、

Le`a を食べてしまわない様に立ちはだかるNahe。


そして、2人は恋に落ちるのです。


マグロのLe'aは、180キロ以上の大きさ、

そして、Nahe(アジの仲間)は、500グラム程。


この一見不釣り合いなカップルですが、

海の仲間達は

その愛を応援していました。


そして、海の女神Kamakaにもその話は届き、

La'eとNaheが永遠に一緒に居られるようにと

半分が、La'i(アジの仲間)、

そして、

もう半分がAhi(マグロ)の

 La`iahiになり、

ダイアモンドヘッド周辺の海で

時々飛び跳ねながら

泳いでいるそうです。


今日でも、貿易風が吹く時は、

その姿を見る事が出来るかも?


この愛の物語からこの場所の名前は

 La'iahiと呼ばれ物語は語り継がれながら 

Leahiに変わっていったそうです。


Leahi にまつわる物語も恋物語。

ハワイの伝説には、

沢山の恋物語がありますね。


やっぱりAlohaな島だからかな~。



まだまだ書きたい事はありますが、

またの機会に。



Happy Aloha Friday ❤




© Kaleialohapoinaole 2020