ハワイの大切な祝日




7月31日は、ハワイの歴史の中でとても大切な祝日です。

現在のハワイ州の祝日では無いけれど、

カメハメハ3世、カウイケアウリの下で設立された

La Hoihoi Ea(王国復権の日)


1843年2月、英国王室の不正な代理人による一時的な占領、

イギリスのジョージ・ポーレット卿の命令により、

ハワイの旗はすべて下げられ、燃やされました。


数か月後、

ビクトリア女王はリチャードトーマス司令官をハワイに送り、

ポーレットを連れ去り、

ハワイ王国に対するこの不当な違反を正し、

7月、統治権がハワイに戻るのです。


そして、ハワイ王国の復権を祝う式典

Lā Hoʻihoʻi Ea が

開催されます。


何千人ものハワイ市民が参加した大規模なもので、

ホノルルの現在のトーマス広場で

旗の式典が開催されました。


その演説で、カメハメハ3世は、

Ua mau ke ea o ka ʻāina i ka pono

(土地の主権、生命、呼吸は、正義の下に永続する)という

言葉を残すのです。


その後、ハワイには多くの変化があり、

一時はハワイ語を話す事さえ禁止された時代を通り、

1985年に王国が復権した日を再びお祝いしようと、

Lā Hoʻihoʻi Ea (王国復権日)が復活。

それから、毎年トーマススクエアー広場にて

人々が集い、ハワイの州旗を掲げて、お祝いしています。


今年もパンデミックの中多くハワイ州の旗と

人々のOliが響き渡っていました。


このイベントは、

人々が集まり Ha(息、生命)を土地に捧げ、

ハワイの独立とハワイの土地の返還など

ハワイの歴史、文化を改めて知る事の出来る

大切な祝日。


去年も今年も私は参加できませんでしたが、

来年はきっとコロナが落ち着いているはず。


来年は久々に参加出来たらいいなと思います❤