ハワイの植物- Mamaki




古代ハワイアンから、薬草として知られる

ハワイ原産の植物 Mamaki


一般的に Mamaki teaとして知られ、

 Mamakike'oke'o (緑)と Mamaki ulaula (赤)の

2種類の葉を乾燥させ、お茶として飲みます。


ハーブティーと同じように

気持ちをリラックスさせる効果や、免疫力の促進、

コレストロールの低下など、とてもヘルシーな薬草です。


 

木の樹皮を使って作る布 Kapa

Kapaの素材で最も知られているのはWaukeという植物。

Waukeを水で湿らせる際に、必ず用いられたのがMamakiの樹液。

湿らす事により、耐久性が保たれたれます。


ハワイの島々では、WaukeとMamakiの混合のKapaが

多く作られていましたが、Waukeが入手困難な時は、Mamakiのみを

使用してKapaが作られた事もあったそう。


それを示すのが、現在残されている

古代のKapaのコレクションの中の3分の1以上がMamakiを使用したものだと

分かっています。


Mamakiは、Kapaの素材としても

とても優れたものだったのです。


きっとハーブの香りのする素敵なKapaだったのではと

想像できますね。



そして、 ハワイ固有の蝶 Pulelehua Kamehameha を

呼び寄せる植物の1つ。

だから、Mamakiには、決して殺虫剤を散布しないそう。


なかなか山に入っても

ハワイ固有の植物を見る事が少なくなってきた現代。


でも、ボタニカルガーデンやコミュニティーガーデンなどでも

ネイティブ ハワイアンの植物を植えたり、

育てたりの活動が少しづつ広がっています。


ここ最近のハワイは、激しい大雨、そして肌寒い毎日。


今日は、Mamaki Teaで温まります❤