top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

ハワイの植物- Ohelo Berryのお話



去年実家の母が 持たせてくれた

小さな手作りのレモンのジャム。

私は、ジャムが苦手!でも、旦那は大好き!

なので、旦那のタイミングで

今日、開封?


実家のレモンの木から出来たジャムは

甘さ控えめで美味しいらしい。


そういえば、ハワイにも

Ohelo Berryのジャムがあったなぁ~なんて

思い出してね。


なので、今日は少し

Ohelo Berryのお話。



Ohelo Berry...

火の女神Peleの住む Kilauea火山に行く途中

出会う赤い実。


前回のBlogで懐かしい写真をUPしたけれど、

メリーモナーク前には、必ず訪れるHale Ma'uma'u

あれから何年も過ぎてしまっているので、

もう、あの場所にはもう、Oheloの木は無いのかも

知れないけど。。


Ohelo Berry は、

ハワイに自生する低木。多くの枝があり小さくてギザギザした

鋸歯状の葉。赤、または、黄色の小さな丸い実を付けます。

クランベリーに似ていて甘酸っぱい。

そのまま食べたり、

ジャムにしたりお料理に使ったりします。

そして、葉は乾燥させてお茶にしたりします。


古代ハワイの伝説には、

キラウエア火山に入ったら、火口までの道のりの間

Ohelo Berryを見つけても 摘んではいけないとされています。

もし、実を摘んでしまったら、霧が発生し道に迷うと言われています。


火口に着いたら、Berryを摘んでも良いとされていて

最初に摘んだBerryは、必ずPeleに捧げます。

Peleに捧げるものの1つに Jinがありますが

Ohelo もPeleにとっては大切なものなのです。


どうして、OheloがPeleにとって大切なのか、

それは、亡くなったPeleの妹 Kaoheloの化身なのです。


Kaoheloが亡くなった時、

彼女の息子にキラウエアの頂上に埋葬する様に頼みます。

埋葬されたKaoheloの身体は、

赤い縞模様の葉と、灰色がかった茶色の細い枝に変わり、

 Oheloの木となり沢山の実を付けます。



そして、これらの実を食べた鳥達によって Oheloの木は

ハワイ諸島に点在したのです。


Oheloの実を好む鳥の1つ

Alalaの鳥。

カラスの仲間で残念ながら

 現在では絶滅危惧種です。


Alalaが居なくなる事で、

Oheloの木も少なくなっていきます。

(勿論、外来種や環境の変化も影響していますが。。)


気になって、

ネットでOhelo BerryのJamを探したけど、

何処もSold out!


Oheloの実も貴重なものになっているのかもしれません。


今度、ファーマーズマーケットでも

探してみようと思います。


見つけたら、報告しますね❤


Ohelo Berryのお話。

まだまだ書きたい事はありますが、

今回はこの辺で!



ハワイの事、

知れば知るほど楽しくなりますね。



Have a nice weekend!

Comments


bottom of page