ハワイの植物- `Ulu のお話。




ハワイの至る所で見る事が出来る‘Uluのお話を

今日は、少し・・・・


カヌープラントの1つ、`Ulu,

日本語では、パンの木とも呼ばれる別名ブレッドフルーツ。


パンの木と呼ばれるこの植物は

パンの味がするのか?と思う人も多いと思うけれど、

日本人の私達にとっては、お芋の味かなぁ。

まだ、蒸したり、Bakeしたりして

バターをのせて頂きます。


Poiにする人達も多いですよ~。

ハワイには沢山のレシピがあります。


このブレッドフルーツの名前の由来は、

ある程度熟した実を調理した時に、

穀物パンの様な触感になるらしく、

そこからパンという名前が付いたらしい。


イチジクの仲間でもある事からか、

実が熟してくると砂糖の様に甘い成分が出てくるけれど、

脂肪分はゼロ、高カルシュウム、

豊富なビタミンが含まれた

高炭水化物野菜と言われています。


多くのカヌープラントの特徴と同じで、

古代ハワイアンの人々の貴重な植物だった実、

そして、軽い木の部分は、

カヌーやドラム、木工製品に、

そして、植物全てから出る樹液は

、接着剤、ローション、切り傷用の薬、

また、葉の蕾と樹液で治療が出来たりなど、

生活の中での大切なものでした。


そして、ハワイアン王朝の時代、

王様のケープを作る為に多くの鳥の羽が必要でした。

鳥を殺さずに、

鳥を捕まえて羽だけを取る職業もあった程。

‘Uluの樹液を使って鳥を捕らえる罠も作られたそうです。



ハワイの神話では、‘Uluの実は創造の象徴であり、

愛情深く豊かに提供する創造者の寛大さの象徴、

そして、古代のハワイアンの時代から、

‘Uluは、Kaloと同じ、

ハワイの輝かしい子供達と言われています。。


また、KuとHaumeaのKinolau.

Haumea と言えば、火の女神Pele、そしてHi`iakaの母。

Hulaの世界でもよく知られている女神ですね。


Haumeaのお話、また機会があったら、次回にね。


さてさて、今回のお話、‘Uluですが、

マウイ島のHanaにある植物園 Kahanu Garden には、

100種類近くの‘Uluが栽培されているそうです。

Hanaのホテルも‘Uluの葉がデザインだし・・


あ、やっぱりマウイに呼ばれている私(笑)


早く行ける時が来るといいなぁ~。




© Kaleialohapoinaole 2020