• Kaleialoha

ハワイの神話:Kapoiと守護神Pueoのお話




古代ハワイアンの時代から、

守護神として愛されるPueo (フクロウ)

最近読んだ神話の中に、

ハワイの人々がPueoを多くの神々の中の1つとして

認識されたお話があったので、

少しだけ・・・

物語の舞台は、15代目のアリイアイモクとして君臨した

オアフ島の最高酋長、Kakuhihewa.


フラダンサーなら、きっと聞いたことがある名前でしょう。


物語は、Kakuhikewaの時代、15世紀。

主人公は、ホノルルに住むKapoiという少年。

ある日、KewaloへPili Grassを摘みに出かけた所、

Pueoの卵を見つけ, 家に持って帰るのです。

そして、Tiの葉で包み それらを料理しようとした時、

Pueoの声がするのです。


P(Pueo):おーい、Kapoi. 私の卵を返してくれ”

K(Kapoi):あなたの卵は何個?

P:7つ

K:これから、魚と一緒に料理するんだ。

Pueoは繰り返します。

P:私の卵を返してくれ

K:これらは、これから料理するんだ


その言葉を聞き、Pueoは、こう答えます。

P:もし、僕の卵を返してくれないなら、Kapoi,あなたは、

無情でひどい人間だ!

それを聞いて、Kapoiは、Pueoに卵を返し、

その後 Pueoは、Kapoiの守護神となるのです。

守護神となったPueoは、KapoiにHeiau(神殿)を

Manoaに建て、Kuahu(祭壇)を置くように命じます。

言われた通りにKapoiは行い、また、定期的にKapuの日を定め、

慣習的に生贄を奉献します。

当時ワイキキに住んでいた当時オアフの酋長であったKakuhihewaの耳に、

ある男が彼のHeiauを持ち、特定の日をKapuに設定し、生贄までも捧げてるとの情報が入ります。

Kakuhihewaは、一般人が酋長と同じように自分のHeiauを持った場合は、

死刑とするという法律を制定していました。

ですから、KapoiはKakuhihewaの命令により捕らえられ、

WaikikiにあるPupalaha Heiauに連れて行かれました。 その同じ日、Kapoiに寺院を建てるように命じたPueoは、

ハワイ諸島全部のPueoをKalapueoに集めます。

*Kalapueoは、現在のMakapu'uのエリア。

この場所は、Pueoが戦う為に集まる場所と言われています。 Kapoiを処刑する日になると、 夜明けには、

集まったPueo達は、Kalapueoを離れ、

ホノルルの空全体を覆いました。

そして、処刑の瞬間、Pueo達は彼らに向かって飛んでいき、

くちばしでつつき、爪で引っ掻きました。

Kakuhihewaの戦士達とPueo達の戦いが繰り広げられますが、

あっという間にPueo達の持つ神の力によって、

Kakuhihewaは降伏します。

すぐにKapoiは、解放され、最高酋長のKakuhihwaは、

Pueoの持つAkua(神)の力が強力なものだという事を

知るのです。

多くの神話に登場するPueo. 時には亡くなった人を

生き返らせる力を持つとも言われています。

そして、多くのオアフ島の神話にもPueoの物語が残されています。という事は、オアフ島にはPueoが沢山いるという情報でもあります。

まだオアフ島でPueoに出会った事はありませんが、

いつか、出会える日が来るといいなぁ~❤

長くなりましたが、KapoiとPueoの神話。

まだまだ書きたい事はありますが、

今日は、この辺で。

では、またの機会に!

Have a nice weekend