ハワイの虹のお話


ハワイもいよいよ冬です(笑)


とは言え、ここ数年のハワイでは、

ブーツやフリースを着る事は無くなり、

やっぱり、温暖化なのかなぁ。


でも、モコモコソックスは必要です。


さてさて、ハワイの冬、そうシャワーの多い時期。

そして、沢山の虹が出る季節です。


今朝も大きな虹でおはようでした!


今日は、少しだけ、ハワイの虹のお話。


レインボーステイトと呼ばれる程、

沢山の虹に出会えるという事で知られているハワイですね。


そして、ハワイアンソングでもよく出てくる虹、

ハワイ語で Anuenue。


そのAnuenueの伝説が

ハワイには沢山あります。


その中で。。

今回は虹の色にまつわる伝説から2つ。


1つ目は、

ハワイのメネフネ(小人)達によって

作られたという虹のお話があります。

虹を作りたい!と色々な素材を集め、

Kahuna(スピリチャルパワーを持った人)にお願いして

最初の虹を作ったと言われています。


その虹の色は。。

①‘Ula:赤→ 王室のカヒリ(羽根で出来た象徴)の赤い羽根

②`Alani :オレンジ →イリマのお花

③Melemele :黄色 →バナナ

④Oma`oma`o :緑→シダの葉

⑤Uliuli:青 →深い真っ青な海の水

⑥Poni:紫→ 女王様のシルクのドレスをお借りして。。


全部で6色。


メネフネ達のお陰でハワイで虹を見る事が

出来ると言われています。


そして、2つ目は、

古代ハワイアンの時代から、

天国からの架け橋として、

天からのメッセージ、知恵が虹によって大地に

運ばれると言われています。


虹の色はハワイに住む 女神達を表す色とされています。


こちらは、7色。


①White :女神Hina 知識の水

②Red: 女神 Haumea 自由

③Orange: 女神Pele 魂のエネルギー

④Yellow : 女神 Hi`iaka

⑤Purple: 女神Uli 成功

⑥Green : 女神Laka 愛と情熱

⑦Blue:女神Kapo  能力


そして、ハワイの虹で外せないのが

マノアに住むKahalaopuna,


雨と風の両親から生まれた虹の女神。

この長い物語は、何度も命を失い、生き返り、

多くの物語に出てくるAli`iや女神ともリンクしていて

何度読んでも楽しい物語。


このお話は、またの機会に。


ハワイの虹のお話、

まだまだ色々な伝説があります。


ハワイの色々な場所に現れる大きな虹。

その場所場所にまつわるそれぞれの伝説。


知れば知るほど、もっと知りたくなるハワイの事。


ワクワクしますね❤





© Kaleialohapoinaole 2020