top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

ハワイ州の花を知ろう!



*画像お借りしました。


フラダンサーにとって

ハワイの島々についての知識はフラを踊る上で

とても重要な事の1つ。


8つの島々のそれぞれの花、色、ニックネームなどの知識は

衣装の色や使う装飾には、欠かせないものです。


さて、では ハワイ州の花は、知っていますか?

多くのダンサーは、黄色いハイビスカスと

答えるかと思います。


ここを是非、”Ma'o Hau Hele”と答えられるダンサーに

なりましょう~!


Mao Hau Heleは、

皆さんが知っている様に黄色いハイビスカスです。



しかし、黄色いハイビスカスと言えば、

色々な種類がありますが 

その中のHibiscus brackenridgei と

Hibiscus mokuleianusの2種類が

Ma'o Hau Heleと呼ばれ、

ハワイ諸島のみに生息する固有種なのです。


レモンイエローの大きな花。

この花は、開花しても1日持たずに萎んでしまいます。


他のハイビスカスとの大きな特徴は、

Ma`o Hau hele というハワイ語の言葉に隠されています。


Ma'o-緑色

Hau- ハイビスカス

Hele- 旅する (向かう、来る 行くなど出かける事を意味します。)


直訳すると 旅する緑色のハイビスカス


あれ?黄色だったよね?(笑)

と思う人も多いと思います。


この緑の秘密は、

古代ハワイアンの時代から受け継がれている

伝統工芸のKapa の染色にあります。


染色の際にこの花から僅かながら

 青緑色の色合いを生み出すそう。

だから、緑なんですね~。



以前、モロカイ島で発見された野生で生き残っていたとされる

Ma'o Hau heleは、残念ながら絶滅してしまったそうです。



ハワイの町中で見る黄色いハイビスカスとは違い、

絶滅危惧種となってしまっているMa'o Hau Hele

亜種となりますが、

オアフ島では、唯一 

Koko Creater で見る事が出来ます。


Ma'o Hau Heleを保存し、

広める保護プロジェクトのお蔭で

Hawaiian Garden に100本以上植えられたそうです。


1988年にハワイ州の州の花と制定された

黄色いハイビスカスのMa`o Hau Hele.

以前は、赤いハイビスカスが州の花でしたが、

ハワイ固有では無かった為に変更されました。


ハワイ固有の植物を州の花にと選ばれた

Ma`o Hau Hele.


大切に守られ、いつまでも美しい花を

咲かせて欲しいですね。


ちなみに白いハイビスカスにも

ハワイ固有の自生する種類があります。


それは、またの機会に。



Have a Nice weekend❤

Comments


bottom of page