top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

フラダンサーへ:雨と風のお話



今日は、少し雨と風のお話。

何度かBlogでも書いているんだけど、

ハワイのそれぞれの土地に降る雨と風には、

名前が付いているよね。


それらは、

土地に降る雨や風の特徴がハワイ語で表現されているから

名前を聞くだけで、どの土地の? どんな風な?

どの様にが見えてくる。


その表現を理解していくと感じるのが、

古代のハワイアンの人々の思慮深さです。


ハワイのクプナ (先祖と長老) は、

土地、海、天候などの環境に順応し、

ハワイ諸島全体で、毎年繰り返される風と雨に名前が

付けられました。 彼らは毎日天気を感じ、風と雨は彼らにとって

とても身近な存在となっていきます。

なので、それらは、時に味方であり敵である、

また、神々からのメッセージかもしれないし、

愛や戦いの印であったりする事も、

全て理解していたのでした。


雨の多い季節のハワイ。

各地で下記の様な雨が降ったりしています。

興味のある方は、何処に降る雨か、どんな雨か

リサーチしてみても面白いですよ。


*nāulu -前触れもなく突然ふる雨


hoʻopala ʻōhiʻa -オヒアの木からレフアを摘む準備が

出来ていると教えてくれる雨


hōʻeʻele-びしょぬれの雨


*pōʻaihale -家を取り囲む様に降る雨


雨は時に愛を表し、

風は時に怒りを表したりします。

多くの意味を持つ、雨と風。

ハワイに降る雨の名前は、

なんと300近くあるそうです。


そして、Ka wai ola  命の水・・・

そう、雨も水ですね。。。


知れば知るほど、もっと知りたくなる。

ハワイの自然、文化、

フラは単なる踊りではない。

だからこそ、知らなければいけない事が沢山あるし、

学び続けなければいけないと思う。


勿論リスペクトしながらね。


雨と風の事。

まだまだ書きたい事は

いっぱいあるけれど

またの機会に☆

Comments


bottom of page