top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

フラダンサーへ:Hulaのモーションの答えはHawaiiにある!




3月に入り、フラレッスンが続いています。


先日のレッスンで、指導したMeleの中に

沢山のPua(お花)のモーションがありました。

手のひらを閉じてお花を作るのがPua。

色々なハーラウのルーツがあるにせよ、

どのハーラウもきっと同じモーションだと思う。


生徒さんの動きを見ていて、

タイミングが少し遅いかなぁと感じていた私。

でも、丁寧にしっかりとPuaを作っているので

良しとしていましたが、少し経って生徒さんから

Puaについての質問があったの。


私は、手のひらが小さいので皆と同じ様に

手のひらを閉じるとお花が小さく丸くなってしまうので、

縦長のお花になる様に親指の位置をあえてずらして

Puaのモーションを作っているのですが、

これでいいですか?と聞かれました。


私の答えは。。。


皆と同じように縦長のお花になる必要はありません。です!


勿論、皆と同じように手のひらを閉じる事は大切ですが、

手のひらを閉じて例えそのお花が縦長にならなくても

あえて縦長にする必要は無いのです。


だって、同じ種類のお花でも縦長だったり、丸かったり

形は決して一緒では無いのだから。


その後、生徒さんは わざわざ縦長になる為にずらしていた指を

動かす必要が無くなったので、タイミングがしっかりあってきました。


今回の質問にもあった様に、

Hulaの答えは、やっぱりHawaiiにあるのです。

ハワイのお花をみて見てください。

同じプルメリアでも、同じ形では咲かないのです。


波のモーション。

風の強い時に波、穏やかな波、雨の日の波


雨のモーション。

霧雨だったり、風と共に降る雨、大粒の雨、嵐の雨。


太陽が昇り、太陽が沈む。。。

満月の夜、ゆっくりと夜明けが来る。。


どんなモーションですか?


その答えは、Hawaiiに全てあります。


だから、私達はできる限りMeleの場所を訪れ、

その場所を知り、感じなければ 踊れない。


時には、既に無くなってしまった場所のMeleも

踊らないといけないのです。


そう、HulaはHawaiiそのもの!


同じ雨のモーションでも、降る場所によって降り方が違うよね。

それをしっかりとモーションで表せるか、表せないか。

そこは、とても大事な事。


だから、皆さんに伝えている事は

折角ハワイに来ているのだから、

ハワイの色々な風景をみて感じてくださいという事。


自然の中で風に包まれるって

どんな感じだろう~。


大きな虹がどういう風に現れ消えて行くのだろう~。


一つ一つのシーンが、

Hulaの物語に表されていくのです。


円安、物価高騰で

なかなかハワイに行く事が出来なくなってきた時代。


でも、もしハワイに来ることがあったら

是非、一杯自然を見て感じて

その気持ちをHulaに

繋げて欲しいなぁ~と思います。



良い週末をお過ごしくださいね❤


Comments


bottom of page