top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

今年もやってきた!嬉しい季節❤



毎年3月頃から夏にかけて

現れるモナークバタフライ。

今年もその美しい姿に出逢える

嬉しい季節!


ハワイ語で、Pulelehua Pua Kalaunuと名前が付くように

Pua Kalaunu そう、Liliuokalani女王の好きな

クラウンフラワーが大好きな蝶々です。


以前もBlogに書いたのですが、

春先になると、クラウンフラワーの葉の裏には

幼虫がむしゃむしゃと

葉を食べている姿を見る事が出来ます。


クラウンフラワーを摘むと白い樹液が出てきます。

(プルメリアも同じですね)

この白い樹液は毒性のあるもので、

この葉を食べたモナークバタフライは、

この毒性の液体が身体の中にある為、

他の害虫から守られるのです。


でもね。

今日見つけたのは、アロエの葉。

初めて~。

しかも、写真を撮ろうと近づいても

全く動かない(笑)



このモナークバタフライ、

北アメリカやカナダに自然に生息し、

ハワイには1840年代にやってきたそう。


そして、北アメリカでのモナークバタフライが減少し

絶滅危惧種に認定されたのが、今から3年前。

農薬、外来の害虫、地球の温暖化、色々な影響を受けて

生物が生きにくくなっています。


そして、ハワイでも減少傾向。

そこで、モナークバタフライを増やそうという動きが

ここ数年で広がっています。


第2のワイキキになる予定の カカアコ周辺。

ビルディングが立ち並ぶ街で

益々、生物の居場所がなくなる。。。


そうそう、希少なハワイ固有のバタフライ、

カメハメハバタフライ。

残念ながら、ここ数年で見かけなくなりました。

心配・・・



今年も、沢山のモナークバタフライに出会えて

なんだかほっとします・・・

短い命、

大切にしたいです。

Comments


bottom of page