top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

少しだけ、Mo'oのお話



タイトルだけだと、Mo'oって何?と

思われる人も多いと思うのだけど。。。


ハワイ語でMo'oは、日本語だとトカゲと

訳される事が多いですが、伝説の多くは、長い尻尾を持つ

巨大な恐ろしいトカゲという感じです。

そして、Mo'oは、魚の住む池に関連づけられていて

守護神とされています。


沢山のMo'oが関連する伝説の中から、今日は、

オアフ島西側のMakua valleyに住む Mo'oのお話です。


KoiahiからAhupua'a Makuaへ

流れる小川から池へ流れるKalena 川。

その谷に住む美しい女性。

彼女は、Kaneana洞窟のサメ男のKupua- Kamohoali`iと結婚できないように

両親によってMo'oに変えられてしまいます。


それは、単に結婚をさせないという理由だけではなく、

古代ハワイアンの時代から、それぞれの家族や人物に

Kuleana(責任)があり、

彼女には、この場所を守るという宿命があったからです。


それでも、物語の中で 愛し合う2人は 

時々人間の姿に変わります。


大雨の降る中、Mo'oに変えられた

美しい女性は、川を下ります。


雨の影響で水の流れは強く、勢いで海へと押し出されます。

そのまま海中に入り 波に打ち上げられるかのようにして、

Waianaeの端にある噴気孔の横の大きな岩

Pōhaku-kūla‘ila‘iの上に上がります。


不思議な事にその瞬間、Mo'oは、美しい女性へと姿を変え

愛するサメ男のKupua-Kamohoali'iを呼びます。


彼女の声を聴き、

彼は、海底水路を通ってKaneana洞窟から出てきて、

海中の噴気孔の入り口に泳ぎ込み、

噴気孔を通って岸に打ち上げられた瞬間、

男性に変身し、2人は川に戻り、

やっと愛し合う事が出来るのです。

決して結ばれる事のない2人。

彼女は、この地を守る守護神。

この場所を離れる事は許されないのです。


物語の最後には、こんな事も書かれています。

川の水が透明な時は、安心して泳いで大丈夫。

でも、川の水が緑色の時は、Mo'oが川にいるという事。

水の中に決して入らないで。。。と。


古代ハワイアンの時代から、ハワイの色々な場所に 神々がいるとされています。


Meleの舞台になっている場所にも

特別なMo'oleloがあったり、

神々のストーリーあったりする事もあります。



是非、興味を持って調べてみてくださいね。


また、機会があれば他の池のMo'oのお話も

書いてみたいと思います。



最後まで読んでくださり、

ありがとうございました❤

Comments


bottom of page