Hula Lesson ☆


日本でフラのお教室を主宰されている先生の

レッスンでした。

お教室を主宰されているので先生自身が

楽しむフラがなかなか出来なくなってきていると

悩まれていました。

生徒さんのレベルを見極め、そして選曲し、指導するという事は

とても大変な事だと思います。

ハーラウによってステップの名前が違ったり、

また細かい疑問につまずいてしまって先に進めなかったり

沢山の悩みを抱えていらっしゃいました。

何日かのレッスンの間に、

久しぶりに生徒の立場にたって

フラを学び、そして感じ、

もやもやしていた疑問も吹っ切れ、

楽しさが蘇ってきたと話していました。

指先はくっつけていなければいけない、

角度は?、手はどの位置? 足の幅は?などなど

色々な事を考えてフラを踊っていたそう。。

勿論、ある程度の角度はありますが、

私のフラは、手の出しやすい場所に出たところ、

あくまでも”自然に出た、伸びた場所”なのです。

今回感じた事を

日本の生徒さんにも伝えますと

笑顔一杯で話されていました。

Manu モーションの伸びやかで美しい先生のフラ。

私にとっても印象の深い時間となりました。

これからも、日本でフラを頑張ってくださいね。

レッスンの受講ありがとうございました♡

#フラレッスン

© Kaleialohapoinaole 2020