Ho`ike ①- My hula sista


11月の日本の旅は、

大切なフラシスターのハーラウの10周年、

そして、大好きなフラシスの1周忌。

彼女と出逢ったのは、

今からおよそ9年前の事。

初めてクムのワークでお手伝いをしに

日本に行った時に受講してくれた生徒さんのひとり。

最初は勿論、大勢の生徒さんの一人だったからね。

こんなに仲良く、そしてフラシスになれるとは

思っていなかったんだ。

仲良くなってから、

お互いがお互いの事を

怖い人かと思っていて(爆)

爆笑したのを覚えているよ。

ワークでの楽しい思い出、コンペでの

フラストレーションを身体一杯で、私に投げかけてくれた事、

そして、お嬢さんと一緒に

メリモに出た時に、一緒になってKapuをしたり、

トレーニングをしたり、

いつも一生懸命にフラを学び、フラを愛した彼女。

病気が発覚した時に、

他の人には話さないでねと言って

私に話してくれた事。

辛かったり、痛かったりしたことも沢山あったと

思う。けど、いつもハワイに行くからね~を

目標に一生懸命治療に専念していた彼女。

彼女の病気に立ち向かう姿に

私は、何度も何度も励まされて来たんだ。

昨年、サプライズで病院を訪れた時も

やっぱりフラの話。

病気とは思えないくらい元気で、

一生懸命生きていた。

その時の私は、既に

ハーラウを離れ、フラを踊っていなかった。

彼女の少し寂しそうな目で

私を見つめ、

ねえ、フラ、もう踊らないのーーー?って

あの甘えた声で言われた事をいつまでも

頭に残っているんだ。

サプライズから、2ヶ月もしない後に

天国にいってしまいました。

悲しくて寂しくてね。

義理の両親のお墓参りに行った時に

立ち寄ったコオラウ山脈。

小さなベンチに旦那と腰をかけた時、

お天気だった景色が変わり、

現れたUhiwai

涙が止まらなかったんだ。

まるで、私はここに居るよ~って

言っている様でね。

5月にハーラウにお邪魔した時に

11月のホイケのお話を頂き、

この時に、Uhiwaiを

踊りたいと思ったのでした。

#フラ

© Kaleialohapoinaole 2020