King Kamehameha III


ダウンタウンにある、カメハメハ大王、

イオラニ宮殿にあるリリウオカラニ女王、

プリンスクヒオ王子、カイウラニ王妃、

カラーカウア王など沢山の銅像があるハワイ。

新しくカメハメハ3世の銅像が

設置されました。

ハワイの歴史の中で忘れてはいけない

大切な出来事が沢山あります。

カメハメハ3世

9歳でこのハワイの王となり、

41歳でこの世を去った偉大なる王様の1人。

数ヶ月前に見た映画

”Kuleana" の舞台になった時代が正に

このカメハメハ3世の時代。

絶対君主制だったハワイを

憲法を公布し、立憲君主制に変え、

土地制度を導入します。

元々ハワイの土地は全て王や酋長のもので、

Ahupua`a(海や山を含んだ区分)によって

平等に分けられ、自給自足の生活。

その後は、" Kuleana"法によって

個人でも自分の土地を持つ事が出来き、

また、ハワイアン以外の人も

その土地を得る事が可能となった時代が やってきます。

そこで、資金や法律に強い白人によって

沢山の土地が安い金額で売却されてしまうのです。

そして、1943年2月、大事件が起こります。

イギリス人 ジョージ ポーレットによって

カメハメハ3世は、ラハイナに

およそ5ヶ月間強制隠居させられます。

ハワイ王国が消滅し、イギリスの旗が

掲げられる事になります。

しかし、5ヵ月後の7月に

ハワイを訪れたイギリス人 トーマス少佐によって

ハワイ王国、カメハメハ3世も

王室に無事に戻ることになります。

1942年に立てられたカワイハオ教会で

演説をしたカメハメハ3世の言葉

Ua Mau ke Ea o ka ʻĀina i ka Pono

(ハワイの土地の命は、正義と共に生き続ける)

今現在もこの言葉は、

ハワイの人々にとって忘れてはいけない

忘れる事がない言葉の1つ。

今回新しく建てられたカメハメハ3世の銅像は、

ハワイ王国消滅の危機から救ったトーマス少佐を

讃えて名づけられた公園、

トーマス スクエアーの中にあります。

王様の左手には、ハワイの州旗

そして、彼の残した言葉も

刻銘されています。

その頃のハワイは、想像する事が出来ないけれど、

この場に立った時に感じた風は

とても心地よく、清々しかったです。

#ハワイ

© Kaleialohapoinaole 2020