He lei no `Aulani


先日、He lei no `Aulani のリクエストを頂いて、

曲の内容を調べている時に

やっぱりこの場所にいかなくては!と

思いが募り、行って来ました、

オアフ島Ewa側のコオリナへ。

ご存知の方も多いと思うけど、

He lei no `Aulani は、

数年前に建設されたホテル

‘Aulani resort の為にKeali`i Reichel さんが書いた曲

歌の内容は、このAloha が沢山詰まった

ゲストを暖かく迎えるホテル、そして、

Kumulipo (ハワイ創世記)の中でも書かれている

オアフ島の誕生の物語に出てくるWakea と Lua,

また、ハワイ諸島が統一される以前の

この土地のプリンス La`akona.

今では、見つける事が少なくなった

希少なKoiahi など

この土地の素晴らしさ、

その時代のこの土地を愛した人々の思い、

今現在も蘇る歴史が背景にあります。

歌の内容を調べている時に

やっぱりここに行ってみようと思ったのは、

その風を感じる為。

この土地に吹く風は、Kaiauluという風が吹きます。

歌の内容には、このKaiaulu の風と

そしてもう1つの 風が

一緒になると・・・

そのもう1つの”風”を探しに行って来ました。

平日の朝という事もあり、

辺りはリゾートの名にふさわしく

穏やかなゆったりとした時間。

ラグーンの反対側に出てみると

岩場からみえる青い海、

そして、遠くに見えるワイアナエの山々。

この土地に吹く風は、

今も変わらず、

その物語を運んでくれるような

優しくそして、穏やかな風

インターネットなどで

写真や情報は検索できるけど、

その土地の風、

匂い、祖先やこの土地のManaは、

この場に立ってこそ、

感じる事が出来る。

その感じるという事が

Hula には

欠かせないもの。

感動的な素晴らしい経験となりました♡

#フラ

© Kaleialohapoinaole 2020