Ka`apuni O`ahu ⑤


その後は、久々にLai`e に来てみました。


Lai`eと言えば、Chant Laieikawai

7月?8月頃だったかな?

Kahikoの復習をしている時に、頭に過ぎったのがこのLaie、

再び本を取り出し、2つのながーい伝説を読みました(笑)


1つめは、Laieikawai.

Laieikawaiとlaieholoholo は、双子の姉妹。残念ながら女の子は里子に出されてしまうので、

生まれて直ぐに、姉のlaieikawai は祖母のWakaが、Waiapukaの洞窟で内密に彼女を育て、そして妹のLaiheholoholoは、クーカニロコのカフナの下へ匿われるのです。

残念ながら、絶世の美女、Laieikawaiがいる場所には、常に大きな虹が出てしまい、その虹に寄って導かれた青年にその美しい姿を見られてしまいます。噂が広まってい、後にパリウリに引越しをするのですが、このWaikapuka という洞窟が、このLaie にあったと言われているの。


数年前の情報では、こWaikapukaの洞窟、Haku mele でもあるKumu フランクヒューイットが、

実際にこの泉を見たこととのお話、しかし、残念ながら

随分前にハワイ州によって埋められてしまったというお話も・・・


でも、大きな虹がかかり、鳥に乗って現れるLaieikawaiの世界。

その物語がここにある。


そして、もう1つ。PeleとHi`iakaの物語


ライエポイントは、古代のハワイアンの時代には、ラニロアと呼ばれていた場所。

大昔、この地に住むMo`o (大トカゲ)が人々を襲い、多くの人が命を落とした。同じ頃、各島のMo`o を退治して旅をしていた勇者 Kana が、この場所にたどり着きます。早速このMo`o をいとも簡単に退治してします。Kana によってMo`oは、5つに斬られ、海に投げ込まれ、5つの小さな島となります。それが、ヒイアカの旅の物語に出てくる場所でもある ラニロア岬での出来事。


5つの小さな島にはそれぞれ名前がついています。 ①Kihewamoku②Moku`auia ③Pulemoku④Kukuiho`olua ⑤Mokualai


画像は、④のKukuiho‘olua 島。 細長くトカゲの胴体にも見える島は、丸い穴があいています。

打ち寄せる波がその穴を通り抜ける姿は、自然の雄大さとそして神秘的な風景ですね。


目の前に広がる伝説の場所。

ワクワクするね。


次回は、私の為のHuaka`iのラストです。





© Kaleialohapoinaole 2020