top of page
  • 執筆者の写真Kaleialoha

King Kamehameha day 2024



今日は、6月11日

カメハメハ大王を称える祝日でした。


今年は、先週末の金曜日に銅像にLeiをかける

ドレーピングのセレモニーがあり、

その翌日にはフローラルパレードが開催されていました。


なので。。



なんとなく、祝日は終わってしまった感がありましたが、

今日、6月11日こそ大王を称える祝日です。


アメブロに来る前にも他の所でブログを書いていたので、

もう、何度も書いていると思うのですが

6月11日は、決してカメハメハ大王のお誕生日ではありません。


カメハメハ大王が誕生した説は色々あって、

1758年にハレー彗星がハワイの上空を通過した年に誕生したと言われていますが、

正式な事は不明とされています。


1871 年 12 月 22 日、カメハメハ 5 世は、

祖父でありハワイ王国の父である

カメハメハ 1 世を称え祝うために国民の祝日を制定しました。


ハワイの人々は、ロット カプアイワ (カメハメハ 5 世) の誕生日である

12 月 11 日に、彼の功績を記念したいと考えていましが

謙虚なカメハメハ5世は、祖父を称えることを選び

祝日をできるだけ5世の誕生日から遠ざけ

そのため、6 月 11 日という日になったそう。


こうして、1872 年 6 月 11 日から 

カメハメハ デーの祝日となり 

今年で152年になるのです。


2024年のテーマは、

He Inoa No Kalaninui Kamehameha

(偉大なるカメハメハ王に敬意を!)という意味で

ハワイ王国の創設を主導した最初の君主であるカメハメハ 1 世と、

彼の団結と優しさの遺産を称える日でもあります。


今年は残念ながら、

セレモニーもパレードも見に行く時間が無く、

やっと時間が取れた土曜日の夕方、

日が沈む前の時間に

 Aliʻiōlani Haleに行ってきました。



辺りが暗くなっていく中、

カメハメハ大王の銅像が

なんだか浮かび上がる様に見えてきて

偉大なる王の存在と力を感じます。

ハワイの為に尽力した大王。



ハワイの大切な歴史を振り返る日でもあります。

Comments


bottom of page