My Dance History 1 -自分で選んだ道






















フラを初めて来年で30年。

私は幼い頃から踊りをしていたので踊り始めてからは今年で46年(笑)

自分の人生の中で踊るという事がほぼほぼ占めている。


30年を目の前にして、私のDance History を

気ままに書いてみようと思う・・ 


**********************************************************************


①自分で選んだ道


私は 小さな小さな赤ちゃんでした(笑)

普通のサラリーマンの家庭、母は専業主婦、兄が2人。

しかし、私が生まれてすぐに変化する。

父の病気。腎臓病。

保育園に行く頃には 父の状態は悪くなり、道は腎臓移植のみ。

母は、父につきっきりになります。


私の保育園は家から近い場所にあり、そこでは保育園が終わった後に

居残り組というのがあって、お仕事をしている親の迎えを待つクラス。

私のお迎えは 一番上の兄でした。兄は、小学校が終わった後に

子供会のスポーツに入ったりしていて、また近所の友達と遊びたい盛り、

まだ幼い兄は、時々お迎えを忘れてしまう日もあったそうです。


ある時、病院へ保育園から母に電話が入ります。

母は、兄が迎えに行くのを忘れてしまったのかと思ったらしいですが、

当時、居残り組の横のクラスで行っていたバレエ教室に私が勝手に入って見よう見まねで

やっていて、そのままさせて良いかの確認に電話だったそう。

母は、そのままさせてやってください。と答えたそうです。


勿論、私の中の記憶はないけれど。。

果たして踊りに興味があったのか? それとも寂しかったのか?

はたまた、可愛らしいレオタードに憧れたのかは定かでは無いけれど、

自分の意志で選んだ道。


私のDance History の始まりです❤