My Dance History 22



              

フラを初めて来年で30年。

私は幼い頃から踊りをしていたので

踊り始めてからは今年で46年(笑)

自分の人生の中で踊るという事がほぼほぼ占めている。

30年を目の前にして、私のDance History を

気ままに書いてみようと思う・・ 


㉑を読まれていない方は、こちらから先にどうぞ。

㉑インストラクターの仕事


**********************************************************************

㉒初めてのハワイ旅


忙しいインストラクターの生活でしたが、

生活も安定し、

年に数回バケーションを

取ることが出来たのね。


短いバケーションの時は、

友人達とプーケット島やバリ島へ。


仕事終えて空港へ、

帰国してそのまま仕事へ

なんて事もやってたあの頃。


長期のバケーションは、

レッスンやミュージカルを見に

行き先はニューヨーク!


イントラになっても

まだダンスには、心残りがありました。


その頃は、既に格安航空券なども多く出回っていて

スタジオの皆も、

ほとんど海外へ行っていたなぁ~。


先輩達のほとんどがハワイへ。


私も何度か誘われていたのですが、

ニューヨークへの憧れの方が大きく、

行くことがありませんでした。


(週1度のフラは通っていたのにね:笑)


所が、ある年。

持病の足が痛いので、

ニューヨークへ行っても

レッスンはできないし、動き回れないので、

先輩から、だったらハワイでゆっくりしたら?と

誘いを受けました。


うーん。ハワイか・・・


フラに誘ってくれたブティックのお姉さんは、

勿論の事、先輩達、

近くの日焼けサロンのお姉さん、

近所のレストランのマスター、

美容室のお姉さん、

はたまた、上司まで(笑)


みーんなが、ハワイにいって来たら!と

お勧めしてくれるのです。



そして、ハワイ通の先輩と一緒に

初めてのハワイへと旅経ちます。


ニューヨークよりも近くて、

飛行機もあっという間。


最初のハワイ、

まだ日が昇る前に

ホノルル空港に到着しました。


その頃は、

送迎バスに乗って、ホテルの宴会場で

ランチを食べながら

なんだか説明会があって

お土産のセールスがあっての

いつになったら、

ホテルへチェックインできるのか?

という感じ。


でも、ニューヨークの様な、

あの緊張した感じはなく、

また、なんだかすーっと

受けいれてくれる感に包まれていました。


到着した日は、

カラーカウア通りを少し歩いて

ビーチでゴロリ。


そんな時間で終わって、

2日目から観光をしようと

先輩と計画をしてました。


2日目。

朝起きると、

先輩は風邪をひいてしまって

大変そうでした。


寝不足と、普段の疲れがきっと

出てしまったんだろう。。


風邪薬を日本から持ってきていたので

それを飲んでもらって

ゆっくり休んでもらいました。


先輩がベットでぐっすり

眠っている間は

先輩が私に気を使わない様に

外に出ていました。


勿論、薬を飲まないといけないので

お昼ご飯を調達し、

一度お部屋に戻って

また、外に。


初めてのハワイなので

良くわからないし、

足も痛いので、

とりあえず、

ワイキキビーチにいました(笑)


最初は、日焼けでもしてよーと

思っていたけれど、

近くにボードのレンタルがあったので、

サーフレッスンを受けたりね。


結局、波乗りにはまった私は、

ボードを買い、

サンセットまで

海で過ごす毎日。


毎日同じ様な場所にいると

なんとなく顔見知りというか、

そんな感じになってくる。


そして、

夕方になるとビーチに現れる

日本人の男性に出会います。

朝は、ダイビングの仕事をしているそう。


その日本人の男性は、

ハワイに長ーく住んでいて

色々なハワイの事を

教えてくれてました。


先輩は、最後の日には

体調は戻り、

無事に帰国する事ができ、

それが何より。


元気になって本当に良かった。


知らない土地で体調が悪くなってしまったのは、

きっと不安だったと思うの。


先輩は、私に申し訳ない気持ちで一杯

と言ってくれていたけど。。


私は、はじめてのハワイで

過ごしたワイキキビーチでの毎日。

日本での生活ではあり得ない

のんびりの時間は貴重で、

自然との繋がり、

それこそが、ハワイの魅力だったのだと

ほんの少しだけ、感じていました(笑)


観光していたら、この時間は

無かったしね。


そして、この時は

私が将来ハワイに住むなんて

思ってもいなかったかれど、

この日本人の男性が

私と旦那を繋げてくれる

きっかけとなった人なのです。。


ダンスヒストリーなので、

旦那との出会いは書きませんが・・・


初めてのハワイは、実は

将来の私に繋がっていたのです。



© Kaleialohapoinaole 2020