My Dance History 7
























フラを初めて来年で30年。

私は幼い頃から踊りをしていたので踊り始めてからは今年で46年(笑)

自分の人生の中で踊るという事がほぼほぼ占めている。

30年を目の前にして、私のDance History を

気ままに書いてみようと思う・・ 

⑥を読まれていない方は、こちらから先にどうぞ。

 ↓

さようなら、バレエ教室


**********************************************************************


⑦運命の恩師との出会い



高校に進学した私。

その高校は、小学校から大学までの付属高校で

かなり自由で楽しい学生生活が待っていました。

沢山の友達が出来ましたが、中学時代のトラウマで

全てを話せる親友はできませんでした。


この学校はとてもスポーツが盛んで

全国各地から優秀な選手が推薦で入ってきていました。

スポーツが盛んな学校なので?ユニークな事に

卒業式前には、跳び箱のテスト。

いくら勉強が出来ても

跳び箱5段を飛ばないと卒業できないのです(笑)


話を戻して、小中学の時とは違い、1学年が12組もある

マンモス校。

私は、自分が小さい頃から踊りをやっていた事は

黙っていましたが、

入学式で隣だった初めての友人に誘われて

応援団(チアダンス部)に入部することになります。


チアダンス部とは言え、

全国大会を目指すような部活ではなく、

スポーツが盛んな学校の為

野球やサッカー、そしてラグビーなど

全国制覇する事も多く、応援団の中のチアダンス部といった

かなーりゆるい感じの部活でした。


特に踊りのテクニックも要らない、

強いて言えば、炎天下で3時間や4時間踊りっぱなしなので

体力勝負と言ったところでしょう。


初めての友人は、ダンスに興味があったのではなく、

応援団員の1人に憧れて(確かに格好良かった~)入部したいと。

私は、それに付き合った感じで入部を決めます。


そして、それと同時に、

担任から、チアダンス部と掛け持ちで生徒会の役員にと

指名されます。(暇そうだから??)


まあ、バレエのお稽古もないし、

私は、チアダンスと生徒会庶務、中学時代とは正反対の

明るい光の中の楽しい学校生活が始まります。


初めての友人は、夏前にはチアダンスを退部し、

新たにかっこいい男子を見つけたらしく、空手部に入っていました(笑)


私はそのまま残ります。


初めての友人とそして、その後楽しい仲間が増えて

いつも10人程でつるむようになっていました。

いわゆるやんちゃな青春時代の始まりです。


そして、2年になるとクラス替え。

1年の中の良い友人は誰一人同じにならず、

新しい友人、そして、新しい担任の先生になります。

その担任は、剣道部の顧問で見た目は勝新太郎(笑)

ガラガラ声。


いつも、”こらー”と怒鳴ってる・・・



その 勝新太郎似の担任が、後に

私と踊りを結び付けてくれる運命の恩師になるのです。