My Dance History 8























フラを初めて来年で30年。

私は幼い頃から踊りをしていたので踊り始めてからは今年で46年(笑)

自分の人生の中で踊るという事がほぼほぼ占めている。

30年を目の前にして、私のDance History を

気ままに書いてみようと思う・・ 

⑦を読まれていない方は、こちらから先にどうぞ。

 ↓


⑦運命の恩師との出会い


**********************************************************************


⑧初めての振り付けと曲選び



高校での体育の授業は男子と女子に分かれて行い、

女子には、女性の体育の先生が付きます。


2年の夏休み前に女子はダンスの課題が出て、

2年の各クラスでのコンテストが行われるのね。


その女性の体育の先生に

私はクラスのダンスリーダーとして指名を受けます。


曲選びから、振りまでを

体育の時間、そして放課後などを使って

クラスの女子全員と共に練習。


曲選び、モーションをある程度決めて

初めた最初の日に、かなりへこみます。

クラスのほとんどがダンスに携わった事が無い仲間達。


難しすぎた・・・というのがすぐわかりました。


そこから、悩み、試行錯誤して、

皆と練習を重ね、発表会の日が来ます。


コンテストでは、学校の先生方の審査があり、

ポイントの高い上位が表彰されます。


そして、当日、担任、男子生徒の応援の中、

ダンスのコンテストが始まります。


全部で12組。私達は8組。


内容は、あまり覚えていないんだけど、

優勝しました(笑)


優勝して嬉しくて涙を流した記憶は無いし、

感動もあまりなかったんだけど、

先生方に褒められた事をうっすら覚えています。


そして、勝新太郎似の担任に

体育館の裏にクラス全員呼び出され、

アイスを皆にごちそうしてくれたこと。

先生なのに”お前ら内緒だぞ(笑)って。


生まれて初めての振り付けは、

感動も無く、そして、あまり印象も無く終わっていきました。


けれど、一緒に頑張った女子、 

皆の笑顔がキラキラ輝いていた事が

今でも頭に焼き付いています。



© Kaleialohapoinaole 2020