`Ohai `ula






 `Ohai `ula(オハイウラ)という

ハワイアンソングがあります。

今から10年経たないくらいかな?

その頃に良く聞いていた曲。

今日ね、残念ながら

海に行けなかったのでちょこっと

 公園を歩いていたら

大空に大きな葉と、

真っ赤なお花を見つけました。

これが、`Ohai `ula

この歌は、カウアイ島出身のKainaniさんが

書かれた歌で、

北西にあるハワイ諸島の島の1つ 

Nihoa (別名 鳥の島)の歌。

タヒチからハワイへ

海を渡る火の女神Pele が

最初に到着したと言われている島。

Nihoa に吹く風

”Waialoha"

訪問する人を 歓迎するかのような

優しく穏やかな風

この小さな島には沢山のオハイ ウラが

咲き誇り、沢山の鳥達の声が響き渡る。。

共に旅をしている火の女神Pele の兄、

サメの神のKamohoali`i も

このオハイ ウラのレイに飾られていると歌われています。

現在は無人島であるNihoa

古代ハワイアンが暮らした場所、

そして、多くの伝説の残るこの美しい島は、

忘れてはいけないハワイアンの多くの祖先のマナと

そして、沢山のAloha がこの島に今も残っている。

ふと見上げた時に

 目に映った植物。

  これがまたハワイアンソングに 

   ハワイの歴史、そしてフラに繋がっていく。


                   

                      

  ここで出会う人、目に映る自然の風景、

そして

起こるすべての事に深い意味があるのかもしれません。

 自粛生活、楽しみます~❤