ハワイの伝説- Puna のお話。





Puna-ハワイ語で色々な意味を持つ言葉ですが、

ハワイアンソングで多く出てくるPunaは、

ハワイ島の地名、そして、 泉、湧き水


水に関してのハワイの伝説は、生命の水、神のKaneのお話、

そして、このPuna(泉)のお話も沢山ある。

さっきまで読んでいた本の中に

興味深いPuna の伝説があったので

紹介してみようと思います。



Manoa の足元と呼ばれるRockey Hillに住む老夫婦、

夫の名は、Mukaka、そして妻の名はKealoha

オアフ島に恵みの雨が降らず、作物も育たない時期。

Mukakaは、TiのやFernなどの植物や食べ物を手に入れる為にManoaの山へ

行かなくてはならないので、

Kealohaは、一人で、唯一の湧き水が出るKemoiliili (今のモイリイリ)へ、

水を汲みに大きなIpu を持って長い道のりを歩きます。


ある日の帰り道。その道はかつてないほど長く困難でした。 。


家へ着くなり、 彼女はマットの上に横になり、

倦怠感で涙が溢れます。 そして、彼女は眠ってしまい、

夢を見るのです。 彼女の夢の中で、

男性がマットの横に立っていました。


「なんで泣くの?」 彼は彼女に尋ねた。


「私はとても疲れているので」と彼女は答えた。

そして、今日あった辛い出来事を話します。


すると、、、

「二度と行く必要はない」と男は答えた。

「あなたの家の近くのハラの木の下に、泉があります。 」


そして、その男はいなくなった。


朝になり、その話をMukakaに話すと、

”君は喉が渇いていたからそんな夢を見たんだと”言い、信じてはくれず、

彼はManoaの山へと向かいました。

彼女は、すぐにHalaの木に行ってみます。

Halaの木の地面は乾いて固く、

泉など出るはずがありません。


しかし、その夜、同じ夢をMukakaが見るのです。


これは、神からのお告げだと確信するMukaka.


夢で言われた通りの供え物と祈りを捧げ、

近くに住む若い2人男性の力をかり、

Halaの木を引き抜きますが、

乾いた地、泉どころか、1滴の水も出ません。


若い2人の男性は、呆れていましたが、

Mukakaは言います。


私の妻、そして私、2度も神は現れた、

次は必ず泉が現れると・・・


再び、男性達は、

Halaの木を引き抜きます。


今度は彼らもMukakaの言葉を信じて、

先程よりも力強く!


すると、少し湿った土が現れます。


とっさに 

“Ka puna hou!” (新しい泉!)と叫ぶ,

Kealoha .


更に水の量は増え、大きな泉となるのです。


Kealohaは、もう、遠くまで水を汲みに行く必要はありません。

そして、その水を引き、Kaloを植えます。

そう、泉は、水だけでなく食べ物も与えてくれたのです。

神によって与えられた泉、それは、人々の生命を救ってくれた

出来事だったそうです。


そのずっと先の出来事。その泉のエリアに学校が建てられました。 。

Kealohaが叫んだ名前、Punahou、その名を引き継いで付けられた

オバマ前大統領の母校のプナホウ高校、マークは、Halaの木です。


「この学校は知恵の泉になるでしょう」と学校創設者は言いました。

「ハラの木が風や嵐に耐えられるように、

この学校の子供たちは喜びと悲しみに強く勇敢に立ちます。

ハラには多くの用途があるので、

子供たちはハワイに役立つでしょう、と。


以前、Punahou スクールの正門の前の伝説の石のお話を

ブログに書いた事があったんだけど

泉のお話は、本を読むまで知らなかった~。


カーニバルの時にでも(一般人が入れるからね)

その泉とHalaの木を見てこようと思う。


ハワイにもある沢山の伝説。

知れば知るほど、楽しくなるね❤