Huaka`i- Pupu A `O `Ewa


先週は、ハワイアンソング 

"Pupu A`O `Ewa" にまつわる場所を

巡ってきました。

そう、Hula の旅、"Huaka`i

Traditional ソングとしても

よく知られているこの曲は、

Ahupua`a 昔の土地の区分で示された

Ewa区域の物語。

オアフ島が6つの区分に

分かれていた時の事を示す

1902年の地図を元に。。。

まずは、歌に出てくる神話

Puuloa (今のパールハーバー)に住む

守護神 Ka`ahupahau

彼女はサメの姿で

漁師が他のサメに教われないように

人々を守ったといわれている物語。

多くの入り江があるこの場所を

高台からPuuloaの風景をと思い、

Keaiwa heiau へ。

(Heiauのお話はまた機会が会った時に。。。)

勿論、Heiau は、Kapu なので

静かにそしてリスペクトしながら

通りすぎます。

そして、丘の方へ。

以前は、見えた景色も見えず(涙)

途中の道で撮影

写真よりも目で見るともう少し

分かるのですが、Ka`ahupahauの通る

入り江が見えています。

Hawaiian song の中には、

今は使われてない土地の名前、

その時の人々の暮らし、

そして思いが書かれています。

その後は車を走らせて

Ho`oaeae へ

昔旦那が住んでいた所でもある

この場所。

今は、公園になっていますが、

義理の父の植えた木が

大きくなっていました!

歌の中に出てくる

Poleaを見るために

桟橋の方へ。

マングローブが一杯になってしまっているけど、

ここにも、

Ka`ahupahauが潜んで

そして、

守ってくれているようです。

歌に出てくる貿易風

Moa`e を感じながら、

ゆったりのんびりとした時間。

タイトル Pu pu は、直訳すると貝

でも、この歌は、Ewaに住む沢山の人々を

貝として例え、そして、今では

想像もつかない人々の暮らしがこの歌によって

語り継がれているんだよね。

何度も足を運んでいるこの場所も

毎回違う空気、

そして

毎回違うマナを感じるのは

それだけの長い歴史と

ここに住んでいた

多くの人々が居たからこそ。

旦那の思い出の場所でもあるこの土地、

そして、ハワイアンの人々が

大切に守ってきているものを

大事にしながら、

踊っていきたいと思います。

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました♡

#Hawaiiansong #フラ

© Kaleialohapoinaole 2020