Hawaii in the rainy season.




















本格的に雨期のハワイ。

ここ毎日、風も強く、時に激しい雨が降る時もあるの。

それでも、時々姿を見せてくれる大きな虹、

そして、雨だけど、青空、そんな風景がハワイにあります。


色々な場所に吹く雨や風に名前がついているハワイ。

雨だけでも、200以上のハワイ語があるそうです。

雨の色、角度、強度、雨粒の大きさ、経路、継続時間、島々、また特定の場所に降る特定の雨、雨の冷たさや、

風と共に落ちてくるのかなど、その雨はさまざまで、それぞれに名前がついている。


実際に、目に見れる雨、感じたり触ったりする雨の名前が一般的なんだけど、

中には、Ua apo pue kahi という雨があるの。

この雨は、実際の雨ではなく、人の感情を雨で表した言葉。

愛する人が過ぎ去った空虚感を雨に例えた言葉


Ua -雨

Apo - 包む、輪になる

Pue - 冷たさと共に

Kahi- 1つ(一人)、場所

寂しい気持ちがいっぱいの


せつない思いが感じられるけれど、

でも、時に。。

仲間や恋人と抱き合う時の優しい気持ちを例えた言葉

として使われる事もあります。


Kahi- 優しく触れる、なでる。



ハワイアンソングの中にも

色々な雨の名前が出てくる。

そして、昔から、

その雨の多くは男性と例えられる事が多いのね。。

美しいレフアの花は優しい雨に包まれる・・・とかね。



雨に包まれるって

Aloha に包まれる事・・・



雨期のハワイも、

とっても素敵でロマンチックなのです。




さあ、今期もどんな雨に出会えるか、

どんな風景が見れるか、わくわくです💜