Sugar Cane Hawaii



2017年にマウイ島にある、ハワイで最後のサトウキビ工場が閉鎖されました。

ハワイのサトウキビ産業は、多くの日本からの移民が

サトウキビ工場で働いていた歴史と並行して、伸びていきましたが、

衰退していき、多くの水や土地を必要としない、

パイナップル産業に変化をしていきます。


明治元年、元年者と呼ばれた移民の人々が、初めてハワイに渡った年から、

ちょうど150年を迎えたのが、2018年。

私がハワイへ来て、ちょうど来年で25年になりますが、

ハワイで日本の文化や言葉がハワイのローカルの人達に受け入れられているのは

多くの苦労をして、努力をされて築き上げてくれた元年者と呼ばれた

日本人移民の人達のおかげです。


歴史の中での、サトウキビ。

日本でも、ハワイでもその存在は同じ。

戦争中のお話を聞いたりすると子供の頃に口にしたという、サトウキビ。


私の幼い頃は、もちろん、サトウキビをおやつにする生活では無いので、

時々オアフ島や、隣島で見かけるサトウキビをみて、

この長ーい葉と、竹の様に節があるものがどうなってるのか?

そして、竹の様に節があるこの木は、どこを切ったらいいのか?

などの疑問がいっぱい。


今日は、旦那が、友人からサトウキビを頂いてきて、

(どう見ても、竹にしか見えませんが。。)

綺麗に下ごしらえをしてくれた。


沢山の繊維があるので、丸ごと食べるわけではないのですが。。

その味は、当たり前だけど、砂糖の甘さ。

でも、そんなに濃くはないので、まろやか~。


なにで、今夜の夕飯は、

ハワイのサトウキビを使っての

しょうゆチキン!


ハワイの歴史と共に

美味しく頂きます~。